レイキ伝授(アチューンメント)について

レイキ伝授(アチューンメント)について

レイキ伝授(アチューンメント)について

 

レイキティーチャーになり数年、セッションメニューから下げていたレイキ伝授ですが、2017年2018年とレイキ伝授に関してお問い合わせ、お申し込みを頂く機会増えてきましたので、改めてレイキティーチャーとしてレイキ伝授(アチューンメント)を、2018年5月より正式にメニュー表示することにいたしました。

 

●レイキ(靈氣・霊気)とは

レイキとは、1920年代に臼井 甕男(うすいみかお)氏によって日本で生まれた手当療法で民間療法の一つです。

レイキの伝授(アチューメント)を受けたその日から、手を当てるだけでエネルギーが流れるようになります。

レイキの伝授(アチューンメント)は、ファーストディグリー、セカンドディグリー、サードディグリー、ティーチャーディグリーに分けられ、段階的に受講していただきます。(認定証があり、系統が同じであれば途中からの切り替えも可能です。現代レイキ、直伝レイキ等からの切り替えには対応できません)

 

●レイキヒーリングとは

レイキは、ヒーリングの基本となるものであり、万能でかつ奥が深いものです。使えば使うほどパワフルに進化することもあります。

レイキは、ヒーリングの中でも特別な存在。ヒーラーになりたい方や、どのヒーリングから始めればよいか悩んでいる方や迷われている方は、レイキから始めることをお勧めします。

また、私自身がレイキヒーラーになったいきさつに、リンパセラピストとして肉体へ施術させていただく中で、オリジナル化を図りたい、ハンドケアの施術を更に効果的にしていきたい等の意図や目的もありますので、現在サロン経営されている方などにお勧めなのがレイキになるかと思います。

レイキは宇宙の生命エネルギーであるとされ、もっとも古くから伝わる癒しの手法です。

レイキは手を体に当てるだけで、身体、感情、精神のエネルギーのバランスが取れると言う簡単なヒーリング方法です。

この宇宙エネルギーを使ったヒーリングは太古から世界中にあり、中国では【気(チー)】、インドでは【プラナ】、ハワイでは【マナ】、キリストでは【光】と呼ばれてきました。

私たちは生まれてくる時、ある量の「気」を持って生まれてきていますが、日々の暮らしの中で消耗してしまいます。

休息したり、リラックスする事で生命エネルギーを補給する事が出来ますが、長期にわたって生命エネルギーの供給量が低いと、肉体的、情緒的、精神的に疲れてイライラしやすくなり、ストレスを感じたり落ち込みやすくなったりと、心や体の病気になってしまう事もあります。

 

●「レイキ」は、漢字で『靈氣』

・「靈」は、万物にやどる「精気」であったり、宇宙的な側面を表しています。
・「氣」は、すべての命あるものに息づいている根本的な生命力の流れを表す「氣」と言う字からなっています。

この2つの漢字が合わさり「宇宙に存在する生命エネルギーを、身体、感情、精神で受け取り、心身の生命力を活性化し調和させる事」と言う意味を表しています。

レイキは使うことで、常にその人にとって必要な所に作用し、必要な事が起こります。

レイキとは、自分を癒すことであり、自己の覚醒を促し自己成長をスムーズに進めてくれるものでもあります。

レイキを使う事で生命エネルギーが日々新たに満ち、癒しのパワーが湧いてきて、心も身体も元気になっていきます。

 

●レイキの効果

・生命力の活性化
レイキは生命力を活性化して、体内のさまざまなエネルギーのバランスを取ります。

・癒し効果
レイキは緊張をほぐし、リラックスし、ストレスを緩和する効果があります。そして病気に対する抵抗力がつきます。

・魂の成長
レイキを使う事で自分を深く知り、より大きな意識と自己意識を味わう事が出来ます。

・現実化を起こす
欲しい現実を引き寄せたり、望む現実化を起こすことが可能になります。

 

カテゴリー: 臼井式レイキ伝授 
Copyright© 2011–2018 Own happiness All Rights Reserved.